【成り立ち】

雄武南剣友会は故・馬場勘次先生によって創設されました。

【目的】

子どもたちが剣道を通して、立派な大人に成長する

【指導方針】

1.“忍耐力”

  困難や逆境に耐え、目標に向かって努力をし続けること

2.“克己心”

  厳しい稽古や弱い自分に克ち、心身ともに強くなること

3.“他喜力”

  全てに感謝をし、周囲の人を喜ばせること

多くのことが「楽々と」「簡単に」「お手軽に」となっている今の時代だからこそ、日本古来から続く武道を通しての「精神の鍛錬」「人を思いやる心」「継続すること」の大切さを痛感します。子どもたちが剣道を通して、自分の人生を自分の力で切り拓いていけるよう指導をしています。